キレイにスルンダ

キレイJOB情報

資金?集客?スキル?美容師の独立開業で起きる失敗とは?

美容師・理容師を目指す学生や、すでに美容師・理容師として働いている人が目標に掲げる「独立」ですが、どうやって独立するのか、どのくらいの経験があれば独立できるのかなど、わからない方も多いと思います。今回は美容師・理容師の独立のタイミングから失敗しない独立方法を見ていきたいと思います。

どのタイミングで独立するのがベスト?

理容室での施術

独立を考える人にとって、まずはじめに悩むのが「どのタイミングで独立するか?」だと思います。明確なビジョンが描けている人以外は、どのくらいの経験で独立するべきか悩むところです。

正直なところ、「自分が今だ!」と思う時が独立のタイミングではありますが、独立した方の多くは30歳をターニングポイントとしている人が多いようです。その理由として、資格をとってから約8~10年経験を積んできたぐらいが、一通り対応でき一人前になっているということが挙げられます。そのため、経験や気持ち的にもちょうど良いのが30歳頃ということなんです。

では、実際に独立するためには、経験以外に何が必要なのでしょうか?独立にあたって必要な資金や設備、必要な手続きなど、段階を踏まえて考えてみましょう。

仕事をしながらの独立の準備は時間がかかる!

仕事柄、“お休みが週1回しかない!”なんてこともあるため、仕事しながら準備をするのは、はっきり言ってかなり大変です。そのため、独立すると決めたら思い切って仕事を辞めて準備する方が良い場合もあります。独立するまでにやることはたくさんありますが、必要な項目として下記があります。

  • ・物件の選定(ライバル店が近くにあるかなど)

    ・融資の依頼(内装費や運用資金)

    ・保険の加入(火災保険など)

    ・内装デザインの工事

    ・器材・商材の購入設置(シャンプー台・薬剤など)

    ・広告の準備作成(ホームページの作成・チラシ作成など)

    ・助成金の確認と申請(雇用時など)

    ・各機関にて開業の手続き申請

    ※出典:サロン開業支援

いざ始めてみると、なかなか良い物件が見つからなかったり、内装工事は希望のデザインと費用の折り合いをつけるのに時間がかかったりと想像よりも大変です。

また、雇用する側になると助成金の申請や保険の加入など、全て自分でやらないといけないため、地味に大変だったりもします。そのため、申請類の細かなものは事前に下調べし、リスト化しておくのが良いでしょう。

資金がない!それなら「融資」を受けよう!

美容師の仕事道具

独立を目指す段階で、多少の貯蓄はあるという方もいると思います。しかし、実際にお店を構えるとなると、個人の貯蓄だけで賄える人はほとんどいないと思います。しかし、まとまった資金の無い方でも、日本政策金融公庫や銀行から融資を受けることで、資金調達をすることができます。その際、必ず事業計画書が必要となりますのでしっかりと準備しましょう。

ただし、日本政策金融公庫から融資を受ける場合、個人で事業計画書を作成して申請しても取り合ってもらえない可能性があるため、ある程度の事業計画書を代行してくれるところに依頼することで審査が通りやすくなります。

日本政策金融公庫から融資を受けられ無かった場合は、銀行からの融資ということになりますが、無担保の状態での融資は難しいため、全国信用保証協会連合会に保障を依頼することで銀行からの融資が受けられます。(※ただし、申請しても100%融資が受けられるというわけではないので、ご注意下さい)

また、美容師や理容師を目指す段階で独立を視野に入れているようであれば、早くから銀行に定期預金をし、銀行からの信頼を得ておくのも重要です。長い期間定期預金することで、いざ融資の申請をした時に、融資を受けられる可能性もグッと高まります

補助金の申請は自治体へ!

日本政策金融公庫や銀行以外にも、融資を受けられるものがあります。それは、自治体の「中小企業融資制度」による融資です。自治体によって内容は異なりますが、開業資金・運転資金(シャンプーやカラー剤、人件費など)・設備資金(内装・シャンプー台など)が補助金として申請できます。こちらも独立には必要な資金になりますので、店舗を構える自治体に確認してみましょう。

開店前が勝負!できるだけ認知してもらい集客する!

資金面がクリアになり、お店の準備が整ったらいよいよ開店ですが、開店後の一番の課題として「集客問題」があります。今までのお客様が来てくれることもあるでしょうが、新たなお客様を集客していかなければ、閉店コースまっしぐらです。

ここで失敗しないためには、開店前からSNSで告知したり、ホットペッパーに掲載するのが大切です。特にホットペッパーであれば、予約などの機能なども使えますし、はじめての方にも使いやすい内容になっています。

また、現在はSNSを活用して開店告知や、キャンペーン告知を行う店舗もどんどん増えていますので、まずはお金をかけずにできるSNSを活用していきましょう。

これらを開店前に行い、それでもなかなか集客できないという場合は、地域密着のポスティングチラシなど、より安定的な集客につながる方法を試してみるのもオススメです。お店を長く続けていくためには、地域のお客様を囲うことが重要ですので、段階的に試してみましょう。

まとめ

美容室での施術

お店ができると、ついそこで満足してしまいがちですが、本当の勝負は開店してからです。特に、独立すると何かと費用は発生しますし、すぐにお店が軌道にのるとは限らない為、その期間も計算した上で、資金面での余裕が必要です。すぐに独立できないからこそ、どのような流れで独立するのかを計画することが重要です。

一つのお店で長く働くのも良いですが、独立を考えているのであれば、独立前にさまざまな店舗で経験を積むと同時に、将来の顧客や人脈作りを行っていきましょう。

>>独立希望者歓迎の美容室はこちら!

>>他の美容師の求人情報もチェックしてみる!

★関連記事

>>美容師とは?

>>独立するなら、最近流行りの理容師がいい?

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 47,523
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!