キレイにスルンダ

キレイJOB情報

独立するなら必須!?実務経験がないと取れない管理美容師・理容師の資格とは

管理美容師・管理理容師というのをご存知でしょうか??あまり聞き慣れない言葉ですが、実は独立の際にも必要になる重要な資格なんです。今回はそんな管理美容師・管理理容師の資格の取り方についてご紹介してきます!

なぜ、独立時には必要になるの!?

美容師・理容師の仕事道具

 美容師や理容師として働く人が目標とする独立ですが、この独立の際に必要となるのが「管理美容師」「管理理容師」の資格なんです。この資格は、1店舗に(自分を入れて)2人以上の美容師や理容師が働く場合、必ず管理美容師・管理理容師を置くことが法律で定められています。そのため、独立の際には必要となってくるのです。

そもそも管理美容師と管理美容師って何?

 この資格の必要性はわかったけれど、そもそも管理美容師・管理理容師って何?という疑問が出てきますよね。美容師や理容師の場合、仕事上ハサミや剃刀などの刃物を使用し髪や肌に接するため、衛生面での管理が必要となってきます。そのため、その衛生状態を管理する人が管理美容師、管理理容師となるのです。

また、この衛生管理についてもきちんと、美容師法は第十二条の三、理容師法は第十一条の四に記載されています。

管理美容師・管理理容師の資格の取り方

理容師によるシェービング

管理美容師・管理理容師の資格は下記の条件をクリアする必要があります。

  • ・美容師免許、理容師免許を取得していること
    ・美容・理容業務に3年以上の実務経験があること
    ・資格認定講習を修了していること(厚生労働大臣の定める基準に従い、都道府県知事が指定したもの)

 以上の条件をクリアすることで、管理美容師・管理理容師の資格を取得することができます。※管理美容師は美容師免許取得者、管理理容師は理容師免許取得者が取得することが可能。

また、資格認定講習は公衆衛生:4時間、理(美)容所の衛生管理:14時間を3日間に分けて実施されます。

<講習の申込み方法>

各都道府県ごとに定められた申し込み先に、下記の必要書類を送付します。

・受講申込書
・理容師又は、美容師免許証(免許証明書)の写し
・業務従事証明書(免許を取得後、3年以上の業務に従事したことを証明する書類)
・写真1枚(縦4.5cm横3.5cm、受付前3か月以内に撮影したもの)
※写真は正面、帽子なし、無背景、上半身が写っているものとなります。

講習日や申し込み先は都道府県によって異なり、受講手続きもWEB・郵送の選択ができますので、公益財団法人 理容師美容師試験研修センターのHPから確認してみましょう。

<受講料>
18,000円

 管理美容師・管理理容師の資格は、3日間の講習を受けその能力が身に付いたと判断されれば、講習の最終日に取得することができますので、独立を目指す方はもちろん、いずれキャリアアップしていきたいと考えている方は、ぜひ取得してみましょう。

まとめ

美容室の店内写真

 今回は、美容室や理容室の衛生管理のプロとなる、管理美容師・管理理容師についてご紹介してきました。資格の取得は難しくはないものの、実務経験が3年以上必要であったりと、誰でもすぐに取れる資格ではないからこそ、取得していく価値があると言えそうです。また、店長などの責任者になる場合もこの管理美容師や管理理容師の資格を求められるケースも多いため、独立を目指している方だけでなく、キャリアアップを目指している方も、ぜひ取得を目指してみてはいかがでしょうか?

>>独立希望者歓迎の美容室で働く!

★関連記事

>>将来性のある美容師のお仕事とは??

>>美容師・理容師の独立のポイント

>>出来る美容師の条件は「英語」だった?!

>>オシャレな男性が通っている!おすすめのバーバー特集・東京編!

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 45,419
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!