キレイにスルンダ

キレイJOB情報

柔道整復師のスキルが役立つ!人気急上昇中のスポーツトレーナーのお仕事

ここ数年、人気が出てきているスポーツトレーナーのお仕事。実は骨折や脱臼のケガの応急処置など、柔道整復師の資格を活かして働ける職種でもあるんです。今日はスポーツトレーナーのお仕事内容の中で、柔道整復師の資格がどのように役立つのかご紹介していきます。

 

スポーツトレーナーってどんなお仕事?

 スポーツ選手やジム・フィットネスクラブに通う人々のトレーニングの指導、肉体・健康管理のサポートをするお仕事がスポーツトレーナーです。スポーツトレーナーは、けがの応急処置や救急車が必要か判断するアスレティックトレーナーやエクササイズの指導をおこなうパーソナルトレーナーなどの資格を取得し、キャリアアップしていきます。

 柔道整復師のスキルを活かしてスポーツトレーナーになる場合、応急処置や回復・復帰のためのリハビリテーションや体や骨に関するさまざまな知識が役に立ちます。

 

スポーツトレーナーとして活躍できる職場とは

ジムのスポーツトレーナー

スポーツジムなどで「スポーツトレーナー」とよく耳にすると思いますが、実際どのような場所で働いているのでしょうか?「専属契約」と「スポーツジム・フィットネスクラブ」の2つの項目でまとめてみました。

【 専属契約 】

 個人または店舗で契約を交わします。契約先は大学・高校のスポーツチームやプロのスポーツチーム、ダンスグループなどです。スポーツトレーナーとして働くには、医療系の国家資格が必須です。

大学・高校のチームや実業団チーム

 個人で契約する場合はチームに常時在籍することが少ないため、本職と掛け持ちをしつつ試合や大会で活躍することも可能です。

 また整骨院や鍼灸院など、店舗でスポーツトレーナーを数人雇っているケースがあります。その場合、店舗のオーナーとスポーツチームが専属契約を結び、試合に合わせて店舗からスポーツトレーナーを派遣して選手のサポートをおこないます。

プロのスポーツチーム

世界を股にかける一流のスポーツ選手と契約するには、かなりの経験と実力が必要です。

ダンスグループ

ハードなダンスやパフォーマンスをおこなうダンスグループでも、 稀にスポーツトレーナーと契約する場合があります。


【 スポーツジム・フィットネスクラブ 】

 スポーツジム・フィットネスクラブは他の職場と比べ社内研修が充実しているので未経験でも安心して働けます。体や運動に関する基礎知識を学び、トレーニングの研修を受けたあと、初めはアシスタントとして現場に入ります。

 そのあとアシスタントの経験を積み、スポーツトレーナーとして一人前になるのです。即戦力を求めているスポーツジム・フィットネスクラブでは、スポーツトレーナーの実務経験や専門的な資格が必要となる場合もあります。

 

スポーツトレーナーになるにはどうすればいいの?

テーピングをしている選手

 スポーツトレーナーになるには特に必要な資格はありません。しかし、ケガ応急処置・スポーツ傷害の対応などの医療行為には『医療系の国家資格』の保有者でないと対応が出来ません。つまり、ケガと隣合わせであるスポーツ選手のスポーツトレーナーを目指すには、国家資格が必要となります。

 また、体に関する基本的な知識から、スポーツ傷害の対応や応急処置・健康管理・トレーニング指導など専門的知識やスキルが必要となるため、あん摩指圧マッサージ師や柔道整復師など国家資格を有していた方が圧倒的に有利です。また、国家資格と併せて民間の資格も取得することでキャリアアップにも繋がります。

認定アスレチック・トレーナー (JATAC-ATC)


認定先:ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会

【資格内容】

スポーツ外傷・障害予防の立場からスポーツを支えるためにアスレチック・トレーナーとしての資質の維持及び向上専門的能力をもつ人材を認定する資格です。

【取得するための条件】

①柔道整復師、あん摩指圧マッサージ師、鍼灸師などの国家資格を持ち本協会認定する講習会にて単位(69単位)を取得すること

②2年制以上の専門学校又は大学においてスポーツ科学系のコースを卒業し、本協会が認定する臨床医学系専門科目の単位(8~16単位)及びスポーツ科学分野の単位(4領域の69単位)を取得した者。

③NATA認定トレーナー又は日本体育協会公認アスレチック・トレーナー

参照:http://jatac-atc.sblo.jp/article/45737868.html


※その他にも日本体育協会の認定資格のアスレチックトレーナー(AT)と言う資格もあります。


NSCA認定パーソナルトレーナー (NSCA-CPT)


認定先:NSCAジャパン

【資格内容】

クライアントが求める健康増進や体力向上に関するニーズに合わせて個別のアプローチを用いてマンツーマンで運動指導を行う専門的能力をもつ人材を認定する資格です。

【取得するための条件】

①出願時に満18歳以上で、高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者。

【必要書類】高等学校の卒業証明書学校教育法が定める4年制大学、短期大学もしくは専修学校の卒業証明書もしくは在学証明書、または高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定の合格証明書、または学位取得を証明する書類(学位授与証明書、修了証明書など)が必要。

参照:http://www.nsca-japan.or.jp/index.html


>>併せてパーソナルトレーナーについて学んでみる

 


気になる年収を調べてみました!

腕を組むスポーツトレーナー

 スポーツトレーナーの年収は勤務先によって年収は大きく変わります。個人でプロのスポーツチームの専属になれば 約300万円~1000万円のになりますが、選手からの評価が悪ければ解雇される場合もあります。大学・高校・実業団チームと契約した場合、スポーツトレーナーの年収は約300万円~650万円です。

 プロのスポーツチームや全国で有名な実業団チームになると年収もぐんと上がります。スポーツジム・フィットネスクラブは個人から大手までさまざまですが、スポーツトレーナーとして働いた場合の年収は約340万円程度です。

 

転職・就職を目指すなら国家資格を取得していた方が便利

選手とスポーツトレーナー

 健康ブームを受けてスポーツジムやフィットネスクラブも増え、スポーツトレーナーの需要もぐんと高まりつつあります。キャリアを積み個人でスポーツジムを開店してみるのも一つの手です。国家資格だけでなく民間の資格も取得しながら、スキル・キャリアアップを図り世界で活躍してみてはいかがでしょうか。

 


>>柔道整復師の求人を探してみる

>>フィットネスの求人を探してみる

☆関連記事

>>ヨガインストラクターのお仕事を知ってみたい!

>>柔道整復師の資格を使って別のお仕事を探す



キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 59,401
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!