キレイにスルンダ

キレイJOB情報

美容師の働き方が今後変わっていく!次世代の美容師の働き方とは

 美容師と言えば、長時間労働で薄給の美容室でのお仕事。充実した過ごし方に重きをおく今の時代、この働き方が今後大きく変わっていくと予想されます。実力に合った給料だけでなく、土日が休める働き方など、美容師の今後の働き方についてみていきたいと思います。

美容室での勤務は大変!

美容室で働く美容師

 美容師と言えば、美容室で働くのが一般的ですよね。ただ、美容室で働く美容師が口にするのは、「とにかく労働時間が長い」「給料が低い」「お休みがほぼ無い」など、大変なことばかりです。美容室によって差はあれど、美容室での勤務は楽ではないのが正直なところです。

 とくに人気の美容室での勤務の場合、アシスタント時代も長い傾向があり、アシスタント時代から人気になれるかどうかで、その美容室でやっていけるかどうか決まってしまうほど…。技術力・忍耐力にプラスして、人気になれるかどうかの要素が求められます。

美容師になる人の考え方が変わってきている!?

 少し前までは、「頑張ってたくさん稼いで、良い物を着て、良い車に乗り、良い暮らしをしよう!」みたいな方が美容師には多くいましたが、今は、どちらかと言うと給料が少なくてもいいから、自分の時間を作りたいという美容師が増えてきています。そのため、以前のように自分の時間を全て美容師に向けるというよりは、さまざまなもののインプットの時間にするという、自分の時間に対する考え方が、昔と変化してきていると言えます。

美容室以外での美容師の働き口は?

選択肢を選ぶ男性

 美容師の職場=美容室と考える人は多いと思いますが、美容室以外にも、美容師が働く職場は少しずつ増えています。老人ホームや介護施設などに訪問して働く場合や、フリーランスとして活動し、人手の足りない時だけ美容室にスポットで入る場合など、さまざまな方法があります。その中でも、今後増えていくと予想されるのは、フリーランスの美容師です。フリーランスの美容師として働く場合、面貸しまたは業務委託ということになりますが、面貸しの美容師の数がどんどん増えています。

 面貸しとは、美容室の一部を借りて施術をすることを言います。自分のお客様の予約がある時間だけ働くため、お客様がある程度ついている美容師じゃないと難しい傾向があります。しかし、一般的な美容室で良くある施術ごとにスタッフが変わることはなく、自分で最初から最後まで担当できるため、お客様が離れにくく、人間関係に揉まれるということもほとんどないと言えます。そのため、今まで美容室勤務の場合にあるデメリットが解消し、少しずつ美容師がフリーランスにシフトするようになってきています。

「フリーランス×○○」という働き方

 フリーランスで働く人が増えていくとは言え、全員がフリーランスになれるほどお客様をもっているというわけではないと思います。そのため、そこそこお客様がついているけど、フリーランス1本でやっていくには難しいという人が、フリーランスと他の仕事を掛けもって働く形が増えていくことが予想されます。

 例えば、フリーランスの美容師としてお客様の施術をしながら、撮影などの作品を残していくクリエイターとして活動するスタイルなど、動画やSNSの活用もしながらインフルエンサーになる働き方が、これからの主流になっていくでしょう。自分から発信することが簡単になった今、この発信力が問われるようになり、働き方を大きく左右してくると言えます。

フリーランスの組織化が起こる?

美容師仲間

 少しずつフリーランスが増えてきた場合に考えられるのが、「フリーランスの組織化」です。1人でフリーランスとして活動するというよりは、お店のスタッフ全員がフリーランスで自由に働くことができる、そんな美容室が増えてくるでしょう。1人でフリーランスとして働く場合、スケールが小さくなってしまうという部分がデメリットとしてありますが、フリーランスで組織化となれば、組織での動きはできるためスケールを担保することができます。

 組織で働くと大変な面も多いですが、やはり組織の力というのは大きいですし、1人で活動すればするほど実感するものでもあります。それを実感する人が増えた時に、フリーランスの組織化は進んでいくでしょう。

独立とフリーランスの話

 フリーランスと同時に浮かぶのが「独立」ですが、独立とフリーランスには大きな違いがあります。独立の場合、美容室を開業するため「開業資金」が必要になります。開業する土地や規模、こだわりをどこまで反映するかにもよりますが、金額として300~1000万は必要と言われています。

 この金額は初期費用にかかる金額のため、しばらくの運転資金などは借り入れを行うため、ほとんどの美容室は「借金をして開業している」ことになります。しかし、フリーランスの場合お店を持たない働き方のため、「借金なしで始められる」ことが独立との大きな違いになります。そのため独立してお店を持つ場合と、フリーランスではリスクも大きく違ってきます。

フリーランスになるには、経験値が必須!

天秤

 フリーランスとして活動するには、お客様を掴めるだけの技術力が必要です。経験年数で何年は必要というわけではありませんが、フリーランスになる人の多くは、スタイリストとして5年ほどは店舗で腕を磨いて、技術や経験、お客様をある程度掴んでフリーランスになっています。

 フリーランスになると、収入は自分の頑張り次第という部分が大きいため、美容室勤務時代にどれくらい技術を身につけ、お客様を掴めるか重要になってきます。そのため、まずは少しでも経験が積める環境選びが大切になってきます。

経験をつけるための美容室選びのポイント

 経験値をつけるための美容室は、どこでも良いわけではありません。スタイリストとしての活動ができないと、なかなか技術力は鍛えにくいため、あまり大手の美容室ではない方が良いでしょう。大手の美容室の場合、アシスタントの期間が長い傾向があり、スタイリストになるまでに何年もかかってしまうため、中規模の美容室で働くのがベストと言えるでしょう。中規模の美容室と一口に言っても、人によって感覚は違うと思いますので、個人経営店でなく、原宿や表参道にあるような有名美容室でなければ、経験を積むのに適していると言えるでしょう。

>>経験値をつけられる美容室はこちら!

まとめ

技術力を磨く美容師

 従来の美容室の働き方は、近い将来なくなってくることが予想されます。新しい美容師の働き方になるであろう「フリーランス」ですが、経験がなければすぐには出来ないからこそ、今からの過ごし方が重要になってきます。美容師という仕事の将来性を広げるためにも、自分に合った環境で、経験をつけていきましょう!

>>面貸しを行う美容室の求人をみてみる!

★関連記事

>>美容師の将来性はどうなの?

>>独立のタイミングはいつ?

>>管理美容師は需要がある!

>>大型店?それとも個人経営店?

>>これからの美容師は英語が求められる!

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 59,401
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!