キレイにスルンダ

キレイJOB情報

「バーバー」の人気によって急増している!?理容師のお仕事とは

 昔ながらの赤・白・青のポールがあるような理容室もあれば、おしゃれで洗練された美容室のような理容室もあります。しかし、働いている人はみな理容師なんです。そんな理容師を美容師と言い方が違うだけで一緒なのでは?と思っている方もいるのではないでしょうか?今回は、そんな美容師と理容師の違いから、理容師になるまでの道のり・お仕事内容までをご紹介していきたいと思います。

美容師と理容師の違いとは?

理容師

 美容師と理容師の場合、必要な資格・行える施術内容が異なります。美容師であれば、美容師免許が必要ですし、理容師であれば、理容師免許を養成学校にて取得する必要があります。また、美容師と理容師はそれぞれ法律も異なり、美容師は美容師法、理容師は理容師法があります。

 美容師法では、「美容とは、パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること」と定められており、理容師法では「理容とは、頭髪の刈込み、顔そり等の方法により容姿を整えること」と定められています。美容師・理容師の仕事内容は近い部分もありますが、大きな違いとしては「顔剃りができるかできないか」になります。理容室の場合は顔剃りがOKですが、美容師の場合は、メイクする際に必要な施術の場合のみ顔剃りが認められています。

理容師の仕事は髪を整えること

 先程、美容師との違いについて記載しましたが、理容師の仕事は「髪を整えること」になります。昔は理容室は床屋と呼ばれおじさんが通うイメージでしたが、最近はバーバーの呼び名で若い世代に人気となっています。その理由として「顔そりができること」と、クラシカルなヘアスタイルにかかせない「刈込みなどの技術が優れている」ことが挙げられます。美容室でも施術することは可能ですが、髪を短く整えることに関しては、理容師の方が得意分野と言えます。

理容師になるには専門学校へ

理容室での施術

 理容師を目指す場合「理容師免許」が必要なため、まずは理容師の専門学校に行く必要があります。学校によって違いはありますが、通学タイプで2年、通信教育のタイプで3年の勉強期間があります。基本的には2年通学して理容師免許を取るのが一般的です。1年目で理容師に必要な基礎、2年目で理論と実習を学び、国家試験対策も並行して行うため試験までは忙しいと言えます。しかし、試験に合格さえすれば免許は「一生もの」のため、多くの人が2年間必死に勉強し合格しています。

理容師の仕事の流れ

 理容師免許を取得後は理容室で働くことになりますが、お客様のヘアスタイルを完成させるまでには、様々な施術が必要になります。主な施術の流れは下記になります。

<施術の流れ>

  • ①セッティング:お客様の髪を切る状態に準備する
    ②カウンセリング:どんな髪がにしたいのか伺う
    ③カッティング:カウンセリングをもとにカット
    ④シャンプー:カット後のシャンプー
    ⑤シェービング:髭剃りや顔そりを行う
    ⑥ブロー:シャンプー後のヘアセット
    ⑦フェイシャル:お肌の手入れを行う
    ⑧フィニッシュ:全体を見て整える

 カットの場合でも1人のお客様にこれだけの施術がされます。もちろん、中にはシェービングとフェイシャルはやらないという人もいますが、ほとんどの方がその技術力の高さから施術をしています。また、ヘアカラー・パーマを行う場合も、しっかりと1人1人に適したカラーやパーマをカウンセリングしながら施術するため、顧客満足度も高いと言えます。

実は女性理容師の需要が高い

女性理容師

 理容室と言えば、どちらかと言うと男性のイメージで、女性の理容師さんは少ないのでは?と思ってしまいますよね。実際に、女性理容師の数は少なく、多くが男性理容師で構成されています。しかし、シェービングやフェイシャルなどの施術があるため、女性の丁寧な施術を求めて来店するお客様も少なくありません。そのため、理容室でも女性理容師を積極的に採用しているところも多いと言えます。最近では、シェービングによってメイクのりが良くなることから女性客も増えており、女性をターゲットにした理容室も増え、今後ますます女性理容師の需要は高まると言えるでしょう。

給料は・・・!?

 理容師のお給料は、一般的に美容師と同じくらいとなっています。30代でも年収300万円以下の場合が多いため、あまり収入は良くないと言えます。指名制があるような理容室であれば、頑張り次第で稼げる可能性はありますが、基本的には高収入を目指すのは大変かもしれません。ただ、理容師という仕事は今後もなくなることはないですし、技術職でもあるため、一生続けられる仕事と言えるでしょう。

就職先の見つけ方

 理容師の就活は、通っている専門学校での進路相談などで決めていくのが一般的になっています。理容業界の場合、理容室との繋がりが深く、理容室の特色なども専門学校の方で把握しているため進路相談の段階である程度絞られていきます。そのため、自分がどんな理容師を目指し、どんな理容室で働きたいかをまとめておくことが就職先を失敗しない方法と言えるでしょう。

理容師の将来は!?

シェービングをする理容師

 理容師の数は年々減少傾向にありますが、将来性はあると言えます。今まではおしゃれな美容室にシフトしていた男性も、最近ではスタイリッシュな理容室へシフトし始め、シェービングができることから男性客が戻りつつあります。また、前述にもありましたが、女性客もシェービングやフェイシャル目的で理容室に通い始めているため、今後さらに利用客の増加は見込めるでしょう。

 また現在、理容師の高齢化が進んでおり、若い人は美容師になってしまう傾向があるため、若い世代の理容師が少ない状況です。そのため、若い世代の理容師の需要は非常に高く、これから理容師を目指す人にはチャンスと言えます。バーバーが注目されてきた今、理容師を目指すことで将来的に独立することもできるかもしれません。

まとめ

 今回は理容師になるまでの道と、理容師の仕事内容をご紹介してきました。おじさんが行く床屋から、スタイリッシュな理容室など、今はさまざまな理容室が存在し、その数だけいろいろなお客様がいらっしゃいます。また、美容室ではできないシェービングなど、理容室だからこその魅力をこれからの若い世代が伝えていくことが必要と言えるでしょう。男性はもちろん、女性の理容師も少しずつ増えていますので、ぜひ新しい「床屋(理容室)」を作っていってみてはいかがでしょうか?

★関連記事

>>理容室の独立のタイミングとは?

>>おしゃれな男性が通うバーバーとは?

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 59,401
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!