キレイにスルンダ

キレイJOB情報

ノルマに疲れた美容部員がキャリアアップ・給料アップするための資格

 美容部員としてずっと働きたいけれど、どうやってキャリアを積んでいけばいいのかわからない方のために、キャリアプランの設計の仕方をご紹介していきます!

 「憧れのブランドに入りたい!」「メイクも上手くなって、化粧品を販売したい!」と思って、美容部員を目指すという方も多いと思います。しかし、実際に入社して働き始めると「今後のキャリアプランをどうしていくべきか?」という課題にぶち当たるという方が結構います。そもそも、美容部員のキャリアプランってどうなっているのか?どうしたらキャリアアップできるのか?など、気になる疑問を調べてみました。

キャリアアップはスキルで左右される

化粧品を売る美容部員

 美容部員として働く中で、「昇進」「昇格」を意識する人もいると思います。毎日きちんと頑張っていれば、いつか昇格できる!なんて思っていては昇格は難しいかもしれません。というのも、美容部員という仕事は、見た目の華やかさ以上に大変なことも多く、働いている人の多くはやりがいを見出しやる気もあるため、ただ頑張っているだけでは一目置かれる存在になるのは難しいからです。

 もちろん、ブランドによって昇格の基準が異なると思いますが、共通して言えるのは「何かに秀でていること」です。特に下記のようなスキルがあると、昇格しやすいと言えるでしょう。

<昇格しやすいスキルの例>

  • ・マネジメントスキルがある
    ・個人売上が常に高い
    ・マネジメントなどに関する資格を保有
    ・メイクスキルなど特出したスキルがある※

 中でも、マネジメントスキルはキャリアアップには必須スキルと言えるほど重要です。反対に、※特出したスキルがある場合は、あることに越したことはないですが、それだけでキャリアアップするのは難しい可能性もあります。

 なぜなら、特出したスキルを持っている場合、多くのお客様を接客する方が店舗の売上になるため、マネジメントは別の人に任せた方が良いと考えるブランドも多いからです。マネジメントと兼務してしまうと、マネジメントに時間を割かなくてはいけないため、どうしても売上が下がってしまう傾向があります。そのため、キャリアアップをしたいのであれば、マネジメントスキルを身に付けた方が良いのです。

マネジメントって?

 マネジメントが大事とは言え、実際はどんなことするのかわからないという方も多いのではないでしょうか?そもそもマネジメントとは、会社の売上を最大化するために「人材」「モノ」「お金」「情報」を管理することを言います。店舗で例えるならば、人材の教育から始まり、備品や商品の管理、お客さまの個人情報の管理など、店舗で必要となるもの全てを管理しながら、売上を上げていくことがマネジメントになります。

 マネジメントスキルは、積極的に店舗マネージャーなどの仕事を見て働く場合を除き、店舗でただ働いているだけでは、身に付けることが出来ません。やりながら覚えていけるような環境であれば良いですが、マネジメントは少なからずマネジメント知識も必要になります。その知識を身に付けるのに適しているのが、「マネジメントに関する資格」です。

キャリア構築するなら「マネジメント資格」は取っておくべき!

資格の取得を目指す

 マネジメントに関する資格はいくつかありますが、今回は、「ビジネスマネジャー検定」について見ていきたいと思います。ビジネスマネジャー検定は、その名のとおり「仕事におけるマネジメントスキルを身に付けることができる資格」です。級なども分かれていないので、1度受験し取得すればいい点も、働きながら取得を目指す人にとっては嬉しいポイントです。

検定の内容は以下のようになっています。

<受験資格>
誰でも受験可能

<試験内容>
公式テキストの掲載内容、応用問題

<出題形式>
マークシート方式

<合格基準>
100点満点中、70点以上で合格

<受験料>
6,480円(税込)

<試験日程>
第6回:11月12日(日)

<申し込み期間>
8月29日(火)10:00 ~ 9月29日(金)18:00(個人申し込みの場合)

<試験会場>
全国各地で実施
※詳細はこちらから確認できます。

 ビジネスマネジャー検定を取ることによって、マネジメントの知識は身に付きますし、それを実践していけば、キャリア構築の第一歩になると言えるでしょう。ビジネスマネジャー検定の申し込みは東京商工会議所のHPから確認できますので、ぜひチェックしてみてください。

キャリアプランは計画性があるかないかで変わる

キャリアを積んでいく美容部員

 キャリアを積んでいく場合、どうゆう風にキャリアを積んでいくかを早くから考えておくかどうかで変わってきます。特に美容部員の場合、年齢層が若いということもあり、この若いうちにキャリアプランをしっかり考えながら働くことで、考えずに働いている人よりも身に付くスキルは多いですし、比較された際にも有利になります。キャリアプランを考える際は、より具体的に考えるのが良いでしょう。

<キャリアプランの例>

  • ①3~5年以内に特出したスキルを身に付ける
    ②7年以内にマネージャーに昇格する
    ③10年を目処に本社勤務に移動

 上記は一例ですが、このように目標を立てると目標に対してどう動くべきかどうかが見えてきます。また、女性の場合はとくに結婚や出産などもあるため、より細かく立てるのが良いでしょう。

キャリアを積むための最善策を考える

 キャリアを積んでいきたいけれど、なかなか難しいという場合もあると思います。ポストがなかったり、どうしても上司との折り合いが悪く、認めてもらえないなど、どんなに頑張っても難しい場合は、思い切って違うブランドに転職するのも1つの方法です。

 1つのブランドに長く勤めてみて難しいというのが判断できれば、早くに行動した方が、新しいブランドでのキャリアも早く築きやすいため、この判断は重要になってきます。美容部員の世界は3年居れば、会社の傾向やマネジャーになる人の特徴なども掴めると思います。もし、今の環境で難しそうであれば、キャリアのための転職をしてみましょう。

まとめ

化粧品をおすすめする美容部員

 今回は美容部員のキャリアについてご紹介してきました。離職率が高いと言われる美容部員でも、昇格できる人はごくわずかです。ここでしっかりキャリアを築いていけるかどうかは、キャリアプランがしっかり立てられているか、そのためのスキルは身に付けているかどうかが鍵になります。これからも美容部員として活躍していくためにも、今一度キャリアについて考えてみてはいかがでしょうか?

★関連記事

外資系と国内ブランドとは?

嫌がられる美容部員の特徴とは?

美容部員の仕事は大変?

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 59,401
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!