キレイにスルンダ

キレイJOB情報

就職・転職者必見!アイリストの志望動機を例文で紹介!

近年、美容業界の人気職種として注目されているアイリストですが、少し前までは、美容師免許がなくてもアイリストになれてしまいましたが、現在は美容師免許がない人はアイリストになることはできません。

 また、美容師からの転職率が非常に高く、美容師に比べてお給料が良いことから、採用されるにはしっかりとした志望動機が必要となってきます。しかし、志望動機と一口に言っても、自分のステータスによって書く内容は変わってきますよね。

 そのため今回は、採用されるための志望動機の書き方をステータス別に例文にてご紹介していきたいと思います。

 こちらのサイトでは、一人では不安な方のために、転職サポートの経験が豊富なアドバイザーが提出書類の添削から面接対策、入社までを丁寧にサポート致します。経験豊富なキャリアアドバイザーに相談することで、転職成功率がぐぐっとアップします。是非一度、お気軽にご相談ください。

・人気職種「アイリスト」について相談してみる 

志望動機に求められること

履歴書と職務経歴書

 就職や転職をする際必ず書く志望動機ですが、どう書けばいいのか?何を書けばいいのか悩むという人もいると思います。同じ業界や職種に転職する場合であれば比較的書きやすいかもしれませんが、新しい業界や職種であれば書きにくいという人もいるでしょう。

 では、そもそも志望動機には何を書くのが良いのでしょうか?

 企業が求めるのは「将来性のある人」=「会社に貢献してくれそうな人」です。そのため、志望動機には企業に対する熱意を書くのが良いでしょう。また、今までの自分の経験を合わせて書くことでより具体的な内容で伝えることが出来ます。

経験値別に志望動機の書き方は変える

 アイリストになりたい人の中には、美容師免許を持っている人、今は美容師だがアイリストになりたい人、美容学校に通っていてアイリストになりたい人など、またはすでにアイリストとして働いているが別のサロンに転職したい人など、いろいろな人がいると思います。

 志望動機は自分の経験なども踏まえて、熱意を伝える事が重要なので、経験値別に志望動機の内容も変え、最適な志望動機を作成することが採用に繋がる近道と言えます。

 ご自身の経験を踏まえた志望動機の書き方に不安があるという方、絶対に採用されたい企業への志望動機を専門家に相談したい方、そういった方々を採用へと導いてきた経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの採用への道もサポート致します。

>>志望動機の書き方を、キャリアアドバイザーに相談

美容師免許を保持していて、異業種からアイリストを目指す場合

アイリストの施術

 美容師免許を持っているけれど、美容業界で働いたことがない人は意外と多く、最近アイリストが美容業界の中でも労働条件や待遇がいい事から、アイリストになりたいという人も増えています。しかし、美容業界での経験がないため、今までの経験で業界未経験をカバーできることを、志望動機のアピールポイントとして書くことが重要になってきます。

<例文>

  • 「美容学校を卒業した後は、美容と同じくらい洋服が大好きだったため、○○というアパレルショップで3年間勤務してきました。3年間勤務している中で、店舗の受発注の管理や人材育成にも携わり、多くの経験をすることができました。しかし、勤務していくにつれて美容業界で働きたい!アイリストになりたい!という気持ちが強くなり、退職致しました。また、アイリストとして技術を磨いていくにあたり、貴社の整った研修やカリキュラム、お客様を第一に考えた接客やサービス内容に魅力を感じ、この度応募させていただきました。アイリストは未経験ではございますが、前職でも幅広いお客様の接客を行ってきましたので、この経験を貴社でも活かし、信頼されるアイリストになりたいと考えております。」

 異業種から転職する場合は、なるべくアイリストに共通するスキルを志望動機に書きましょう。そうすることで、アイリストの未経験部分を別の面でフォローできることをアピールすることができます。

現在美容師として勤務しており、アイリストに転職する場合

 美容師からアイリストに転職する人は非常に多いです。そのため、美容師経験を踏まえた上で、アイリストになりたい理由を書くのが良いでしょう。

<例文>

  • 「美容学校卒業後、○○というサロンで5年間アシスタントをしておりました。朝から晩までと営業時間が長く大変な面もありましたが、やりがいも感じ日々勤務しておりました。しかし、薬剤による手荒れがひどくなってしまい医師の判断により美容師を続けることが難しくなり、この度退職することになりました。しかし、接客も美容も好きなため、美容業界の中でも自身の経験も活かせるアイリストになりたいと考え、この度応募させていただきました。アイリストは未経験ではありますが、貴社の整った研修でしっかりと技術をつけながら、今までの経験を活かし、お客さま第一に接客をしていきたいと考えております。また、前職でも皆勤賞をとっており、体力の面でも自信があります。1日でも早く確かな技術を身に付け、信頼を得られるアイリストになれるよう頑張りたいと思います。」

 美容師から転職する際は、「お給料が美容師よりも良いから」などの理由はなるべく志望動機に書かない方がベターです。退職理由に関しては、なるべく前向きに伝わる内容で書くことが大切です。

 美容業界に特化した求人サイトだからご紹介できる、一般には公開されていない非公開求人を含む求人の中から、あなたの希望にピッタリの求人のご案内から入社までのサポートを経験豊富なキャリアアドバイザーが無料でお手伝い致します。

美容学校に通っており、アイリストを目指す場合(新卒)

 最近では、アイリストの美容学校が出てきていますが、美容学校で美容師を目指している間に、やっぱりアイリストになりたいという方も中にはいるでしょう。その場合は、正直に気持ちが変わった理由を述べながら、熱意を伝えましょう。

<例文>

  • 「現在、○○美容専門学校に在学しており、美容師免許を取得しております。入学当時は美容師を目指して日々勉学に励んでおりましたが、まつげエクステを施術してもらった際、自分の表情が激的に変化し、表情が以前よりも明るくなったことに感動し、この経験からアイリストという仕事に魅力を感じ、この度応募させて頂きました。実務経験もアイリストも未経験ではありますが、貴社の充実した研修やカリキュラムでしっかりと技術を身に付け、お客様にも自身と同じような感動を与えられるようになりたいと考えています。また、お客様だけでなく、スタッフにも信頼されるアイリストになっていきたいと思います。」

 新卒で学生での応募の場合、社会人経験がないので、今までの経験(アルバイトなど)や自分が施術を体験した時の感想を交えて書くと、伝わりやすいと思います。

すでにアイリストとして働いているが、別サロンに転職する場合

 現在もアイリストとして働いている場合は、アイリストの経験があるため、より具体的に志望動機を書く必要があります。たとえば、退職理由や転職理由、1日にできる施術人数などを書いておくことで、採用率はさらに高くなると言えるでしょう。

<例文>

  • 「この度、貴社を志望させていただきました理由は、入社後の研修をはじめ、スタッフ間での勉強会など、技術力向上を目的とした制度が整っている点に魅力を感じ、応募させていただきました。アイリストの経験は4年になりますが、前職では日々の業務に追われ、技術力向上に注力できず、スキルアップができなかったため退職を致しました。施術に関しては平均1時間で140本(オフ無)で施術することができ、今後も好きな仕事をしながらお客様にも喜んでいただくためにも、ぜひ貴社で技術を磨いていきたいと思っております。」

 経験値のあるアイリストの需要は非常に高いので、経験がない人よりは採用されやすいですが、しっかりとした志望動機を書かないと人気職種のため、採用されるのが大変な場合もあります。

経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたの希望や、将来を見据えたキャリアプランの相談や、美容業界に特化した求人サイトだからご紹介できる、一般には公開されていない非公開求人を含む求人の中から、あなたにあった求人を無料でご案内致します。

もちろん、入社まで親切・丁寧にサポート致しますので、安心してご相談ください。

まとめ

志望動機を考える人

 アイリストは美容業界の人気職種になりつつあります。どんな人にも共通して言えるのは、「そのサロンを選んだ理由」「今までの経験」「自分の強みや得意なこと」を志望動機に書くことが採用への近道です。なるべく自分の言葉で伝えられるように、ぜひ参考にして応募してみてはいかがでしょうか?

★関連記事

アイリストのいろは!

アイリストに必要な資格とは?

メンズアイリストが増えている!?

経験をつけたら独立!

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 44,786
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!