キレイにスルンダ

アイリストの施術

キレイJOB情報

アイリストとして独立する場合、自宅サロンと店舗のどちらがいいの?

 アイリストとして独立を考えた時、自宅でサロン開業と店舗を構えてサロン開業のどちらにするか迷うところ。それぞれのメリットとデメリットを踏まえて、自宅サロン、店舗サロンにするか考えていきましょう!

 ここ数年で一気に人気の職種となったアイリスト。美容師免許を必要とする職種ではありますが、美容師に比べて給与や待遇が良く、経験を積むと「独立しやすい」ということから、人気の職種となっています。

  しかし独立する場合、どこでお店をやるかによって売上が変わってくるため、お店の立地・環境は非常に悩みどころです。実際に独立する場合、どんな場所でどんな方法があり、メリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

サロンは、自宅で開業?それとも店舗で開業?

アイリスト

 独立してサロンを開業する場合、まずはじめに悩むのがどこで開業するかだと思います。自宅でサロンを開業する場合の方が、店舗サロンを開業するよりも費用が安く抑えられますが、生活感が出てしまう懸念点がありますし、店舗サロン開業の場合は、費用がかかるけどきちんとサロン感を出せるという部分もあります。そのため、それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで決めていき、独立に向けて準備していくのが良いでしょう。

自宅サロンのメリット・デメリット

 まずは自宅サロンを開業する場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。自宅サロンの場合に考えられるメリット・デメリットは以下の通りです。

<メリット>

  • ・開業資金等、費用(コスト)を抑えることができる
    ・開業の準備を慌てずにできる
    ・自分のペースで働くことができる
    ・アットホームな空間を演出しやすい

  • <デメリット>

    • ・生活感が出てしまう
      ・集客がしにくい
      ・プライベートと仕事の切り分けがしにくい
      ・マンションの場合、大家さんや管理会社、近所への確認が必要

 売上さえ上がれば、自宅サロンのメリットは非常に大きいですが、自宅がマンションの場合は、まずは大家さんや管理会社、近隣住民に自宅サロンをやることを伝えておく必要があります。内緒で営業してしまうと、後で近隣トラブルになってしまうこともあるため、トラブルが起きる前に必ずやっておきましょう。

店舗サロンのメリット・デメリット

 次に店舗サロンを開業する場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。店舗サロンの場合に考えられるメリット・デメリットは以下の通りです。

<メリット>

  • ・集客がしやすい
    ・イメージに合わせた店舗作り(内装など)ができる
    ・自宅サロンに比べて、信頼されやすい
    ・広告も出しやすい(自宅ではないため)
    ・プライベートと仕事の切り分けができる


<デメリット>

  • ・費用がかかる(初期費用・運転資金など)
    ・希望条件に合う物件が見つからない

 一見、デメリットが少ないようにも思えますが、費用の部分は独立した際、直接自分にふりかかる問題でもありますので、無理し過ぎない範囲で運営していく必要があります。しかし、集客の仕方、立地条件によっては収益が上がれば、比較的スムーズに運営することもできるため、費用面がクリアできればメリットも大きいと言えます。

自分の環境を確認してから決めること

自宅サロン

 自宅サロン、店舗サロンそれぞれのメリット・デメリットをご紹介してきましたが、一概にどちらが良いということはできません。
自宅サロンであれば、自宅の位置がどこにあるのか?主要駅からどれくらいか?家の中の環境はどうか?などの条件がクリアしていれば、集客もしやすく運営していくことができるかもしれませんが、自宅が郊外で部屋も仕事用に切り分けがしづらいようであれば、難しいと言えるでしょう。

 また、店舗サロンに関しても、集客しやすい立地を基準に選ぶと家賃も高くなり、内装などもこだわり過ぎてしまうと費用面の負担も大きくなります。コンスタントに集客があれば問題ないですが、万が一集客が出来ない場合は、費用面で苦労すると言えるでしょう。そのため、人によってどちらで開業した方がいいかは変わってきます。

サロン環境を整える

 自宅サロン、店舗サロンどちらであっても、サロン環境は考えなくてはいけません。具体的に考える必要のある項目は以下の通りです。

・最寄り駅・主要駅から何分か?(徒歩or交通機関など)
・駐車場の完備はあるか?
・居宅空間とサロンを別空間にすることができるか?(保健所から認可を得るため)
・定期的に通ってもらえる場所か?
・内装など、リフォームが必要な場合可能か?

 最低限、上記の項目は考え、必要に応じて整えていくことが必要です。とくに自宅サロンであれば、テナントではないため、保健所の条件をクリアしないといけないため、さらに環境整備する必要があるでしょう。

まとめ

店舗サロン

 自宅サロン、店舗サロンのメリット・デメリットについて紹介してきましたが、技術力の高さはもちろんですが、集客さえできれば自宅サロンでも、店舗サロンでもやっていけると言えます。集客に関しては広告を出すなども良いですが、SNSなどを使って無料でできるものはやっていくのが良いでしょう。

 また、SNSの場合は更新頻度も気にしながらやっていくと、口コミで広がるなど集客しやすくなるので、必ずやっておくのがオススメです。アイリストの独立は、設備などが少なく他の職種で独立よりも費用も抑えられるので、ぜひ経験を積んで独立に向けて頑張ってみてはいかがでしょうか??

独立支援制度のあるアイリストの求人を見る!

★関連記事

アイリストの志望動機はこう書こう!

メンズアイリストが増えている!

アイリストの独立までの道のりとは?

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 48,927
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!