キレイにスルンダ

フリーランス美容師とお客様

キレイJOB情報

フリーランス美容師になるためには?必要な手続きや注意点は?

 シェアサロンの周知などにより、「フリーランス美容師」としての働き方に注目が集まっています。雇われ美容師からフリーランスの美容師になるためにはいくつかの手続きが必要ですが、”公的な手続き”というとどうしても身がまえてしまいがち。スムーズにフリーランスデビューできるよう、フリーランスになるまでの流れと、必要な手続きや注意点についてを紹介します。

そもそもフリーランス美容師ってどういう働き方?

フリーランス美容師とお客様

>>フリーランス美容師として働きたい方の相談に乗ります

 今までの美容師の働き方といえば、サロンや美容室に雇われる形が大半でした。結果、店主導の契約のためシフトや給与に関して個人の希望が反映されにくく、「休みが取れない」「指名客の人数に対して給料が見合わない」「長時間勤務でつらい」という意見が多くなっていました。

 これに対しフリーランスの美容師は、自身が個人事業主となることで、給料は完全歩合制に。「面貸し」「業務委託」のどちらかの働き方が多く、以下の様な条件から、今注目を集めています。

  • ・シフトを自分で設定できる。午前のみ営業の日なども設定が可能
  • ・場所代、薬品や設備台を引いた金額がそのまま収入に。働きと給料が直結する
  • ・独立に比べ、資金が安くすむので独立を目指している人も働ける
  • ・開業の準備ができる

※【面貸し】シェアサロンなど施設に1席ごとの利用料を払い、個人で働く。

※【業務委託】個人事業主として美容室と取引をし、その店でフリーランスとして働く。

関連:美容師の働き方が今後変わっていく!次世代の美容師の働き方とは

まずは開業場所を探そう! 

原宿駅

 フリーランスとしての働き方が「面貸し」「業務委託」どちらであっても、まずは働く場所を見つける必要があります。まずは、お近くに面貸しの美容室やシェアサロンがないかを探してみましょう。ここからは、店舗を選ぶうえで大事にしたいポイントをご紹介します。

>>面貸し、業務委託として働けるシェアサロンを探してもらう

店舗の雰囲気をリサーチしておく

 面貸し等のサロンで働く場合、店の集客や広報はサロン側が行ってくれるのがほとんど。広告費がかからない反面、そこで働く美容師のイメージもサロン側の印象の影響が大きいということになります。モダンな店内で最新の機械を扱っている、ナチュラルな印象で、頭皮にやさしい施術ができる、など、ご自身のキャリアプランに沿った店舗があれば検討してみてはいかがでしょうか。

ターゲットを明確にする

 シェアサロンの立地によって、利用客の年齢層やライフスタイルは変わってきます。会社勤めの方や家にいる方、近くに学校があるかなどは事前に確認しておくといいでしょう。 例えば近くに若い方向けの店舗が多ければ若い方向けのヘアスタイルの提案が多いと喜ばれますし、ファミリー層が住む住宅地であればあわせて必要なサービスも変わってくると思います。

人が多く通る場所を選ぶ

 駅の近くや大通りなど、交通の便が良い場所であればそれだけお客さまが訪れる確率が上がります。もちろん人通りのある大通りは利用料も高くなりますから、ほかに人が多く訪れそうな商店街やショッピングモール近くなど、人通りが多い場所を観察しておくと、将来開業を目指すときにもその観察能力が役に立ちます。

>>面貸し・業務委託の求人情報はこちら

各種手続きは余裕をもって!

荒れるデスク

 働く場所のめどが立ったら、各種手続きに取り掛かりましょう! いままで雇われていた場合、このような手続きが初めての方もいらっしゃると思います。必要な手続きを紹介しますので、忘れず取り組んでいきましょう。

>>まずはアドバイザーに相談してみる

保険への加入

 「国民健康保険」など、まずは健康保険に加入しましょう。個人事業主となる場合、美容師限定の「美容国民健康保険組合」に加入できる場合も。

国民年金へ加入

 国民年金にも加入しておきましょう。最近は郵便局での振り込みやコンビニでも払えるほか、口座自動引き落としもあるので、忘れそうで不安ならそちらも。

開業届と青色申告承認申請書の提出

 事業を開始して1か月以内に税務署へ開業届を提出しましょう。青色申告を行う場合も同様です。

書類は国税庁のサイトからダウンロードできます。

https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

確定申告

 1年の所得を税務署に申告します。2月と3月初頭は税務署が非常に込み合うので、混雑を避けたい場合は2月下旬を選びましょう。スタイリング剤やブラシは消耗品として経費計上が可能です。税理士の方に相談する、書籍に目を通しておく、会計ソフトを使うなどして、しっかり申請しておきましょう! 

>>希望条件に合うサロンを探してもらう

まとめ 

 フリーランス美容師として働く際に必要な手続きや、場所の選び方についてご紹介しました。拘束時間が長く、しかも給料が安いという美容師の仕事上の悩みが解決されることによって、、美容師として働く方の多くな悩みを解決する手段になりえるのがこのフリーランスという働き方だと思います。

 美容師の仕事は好きだけれど、このまま続けていけるか不安な方や、今後独立を目指しており働きながら開業資金を貯めたい方、シフトを自由に設定したい方など、メリットが大きいのであれば、一度検討されてみるのはいかがでしょうか。

 日本ではまだなじみが薄いですが、海外の美容師の間では一般化しているフリーランス美容師。雇用で働いている時と個人事業主とでは手続きが変わるため、困惑する方もいらっしゃるとは思いますが、フリーランスと雇用で、ご自身にあった働き方を探したいですね。

 手続きにおいては、特に確定申告は怠ると罰金が必要になったり、その他の手続きができなくなるものもあります。あらかじめ、フリーランスになる際の手続きなどをシミュレーションしておくのもいいですね! 

>>美容師のお仕事探しはこちらから

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 48,927
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!