キレイにスルンダ

キレイJOB情報

共通なのは「洋服が好き」ということだけ!アパレル業界にはさまざまな職種がある!

華やかでかっこよく男女問わず人気なアパレル業界。しかし、アパレル業界と一口に言っても実は多くの職種があります。 今回は、そんなアパレル業界の職種をご紹介していきたいと思います。

アパレル業界のお仕事ってどんなものがあるの?

洋服の展示

"アパレル業界”と聞いて多くの方がイメージするのは、店舗で洋服などを販売するショップ店員だと思います。お洒落好きが集まるだけあって、ファッションセンスも良く、かっこよく洋服を着こなしているのを見ると憧れますよね!

しかし実際にはショップ店員以外にも、商品をデザインし作る人や商品の管理をする人など様々な職種があります。まずは、アパレル業界にどんな職種があるのかみていきましょう。

ショップ店員

店舗にてお客様を接客し、商品を販売するのが主なお仕事です。様々なお客様を接客するため、コミュニケーション能力と販売力が必要になります。

店長

店舗での接客に加え、店舗スタッフの教育・予算の管理など店舗の運営全般を担当します。統率力や売上などの数字管理能力が問われる責任あるポジションです。

店舗管理

店舗の経営状況を把握し、売上向上に向けて統括管理をします。また、店舗で必要な什器(じゅうき)や備品を変更する際にアドバイスを行っていきます。

OEM営業

OEMとはOriginal Equipment Manufacturerの略で、販売力はあるが生産能力が不足している会社と、逆に生産力はあるが販売力に欠ける会社間で、相互補完的に行われる取引のことを指します。そのため、2社のかけ橋となって企画営業・商談を行うことが主な仕事になります。

デザイナー

その名の通り、販売する商品(洋服・バッグ・靴など)のデザインをします。マーケティングを基に市場の動向、流行する商品などを予測した上で、色やデザインなどを画にしていきます。

パタンナー

洋服やバッグなどを作る際、デザイナーが描いたデザイン画を基に立体的に「型紙(パターン)」を作製しサンプルを作ります。ミリ単位の違いで完成品に影響が出てしまうため、高い知識と技術力が必要となります。

MD、バイヤー

MD(マーチャンダイザー)は商品企画や販売計画、予算管理などを総合的に管理し、バイヤーは、生産元から売れる可能性が高い商品を見極め・買い付けを行い、店舗に並べるのが主な仕事になります。MDとバイヤーは会社によって、「MD・バイヤー」で一括りの場合と、「MD」と「バイヤー」で分かれている場合があります。

VMD

VMD(ヴィジュアル・マーチャンダイザー)は店舗のレイアウトやディスプレイの変更などを行うのが主な仕事になります。また、イベントの際は什器(じゅうき)の手配から店舗内装まで行います。アパレル業界においてVMDという職種は専門的知識を要する技術的な仕事なため、とても重要な役割を担っています。

プレス、販促

プレスは商品の貸出や展示会などを行い、販促はお客様の購買意欲を高めるために宣伝などを行います。プレスに憧れてアパレル業界に就職する人も多く、バイヤーと並んで人気の職種となっています。

生産、在庫管理

販売計画に基づいて人や設備などの生産能力を計算し、製造ラインの管理能力や在庫管理能力、海外生産の増加に伴い語学力が必要とされるお仕事です。

スタイリスト

スタイリストはテレビや雑誌などでモデルに着せる洋服や装飾品などをコーディネートする人のことを言います。近年では、メディア以外にもそのセンスを活かして店舗でお客様の洋服をコーディネートをするなど活躍の場を広げています。

このように店舗で商品を販売する人から、店舗で売る商品を考え・デザインする人など、アパレル業界の仕事内容は多種多様にあります。

アパレル業界の平均年収とは?

「アパレル業界の年収は低い」というイメージを持っている方も多いと思います。しかし会社や職種、年齢によって年収は異なるため、大手企業であれば高年収になることもあります。

では、実際にアパレル業界の各職種の平均年収はいくらなのか見ていきたいと思います。

ショップ店員はご存じの通り25~29歳で平均年収292万円のため、あまり年収は高いとは言えません。

しかし、他職種の25~29歳の平均年収は300万円を超え、35~39歳になると400万円以上になるため、経験を積んでいけばさらに収入アップは見込めるでしょう。

アパレル業界の平均年収は他業種に比べやや低めですが、大好きな洋服に関わりながら仕事ができるという点から考えると、お金以上の価値があると言えますね。

アパレル業界のキャリアアップとは?

商品の陳列

ずっとアパレル業界で働くにあたって、気になるのがキャリアプランですよね。企業の規模によって様々ですが、一般的なキャリアパスをたどってみましょう。

例:1つの企業でキャリアアップを目指す場合

  • ショップ店員(1~3年目)
        ↓
    副店長・店長(3~7年目)
        ↓
    エリアマネージャー(6~8年目)
        ↓
    本社勤務 (8~10年目)

こちらはあくまで目安のため、もっと早いペースで昇進する人もいれば、なかなか昇進できないという場合もあります。

また店長までは昇格しても、その先の役職に昇格できないというケースもあるため、20代の早いうちからキャリアプランを考えていきましょう。

キャリアアップの方法と必要スキル

キャリアアップをするためには、まずキャリアアップできるだけのスキルを身につける必要があります。 

経験を積むことで店舗にて自然と身につくスキルもあれば、学んで身につけるスキルもあるため、キャリアアップをしたいなら積極的な姿勢が重要になります。

具体的に身に付ける必要のあるスキルに下記があげられます。 

<販売スキル>

  • お客様のニーズを的確に読み取り、適切な商品を販売し販売計画などに反映させる能力
  • <接客スキル>

  • お客様の心をひきつけ、店舗の常連顧客にし、ブランドのイメージを向上させる能力
  • <CSスキル>

  • お客様の満足度を向上させるための店舗作り能力
  • <コーディネーションスキル>

  • それぞれのお客様にベストマッチするコーディネートを行い、顧客にする能力
  • <マネジメントスキル>

  • 部下の指導育成をはじめ、職場のモチベーション向上と業務を効率化しながら業績をあげる能力

このスキルを身につけることで、店長になれる可能性が高くなると言えるでしょう。

この他にも、販売士の資格やカラーコーディネートの資格などを取得しておくのもおすすめです。

また本社勤務まで目指す場合は、アパレルに関する業務のあらゆる内容を、ビジネス視点で学べるファッションビジネス能力検定の資格があるとキャリアアップに有利になるでしょう。

>>アパレル資格でキャリアアップをする!

最後に

レディースウェアの陳列

アパレル業界には様々な職種と仕事内容があります。

大好きな洋服に関わる仕事でキャリアアップしていきたいのであれば、年功序列で昇進する業界ではないからこそ、しっかりとしたキャリアプランを考え、行動していく必要があります。

アパレル業界は体力勝負な面もありますが、お客様にコーディネートの提案をしたり、常に最先端のお洒落な環境に身をおくことで、自分自身のセンスも磨かれていく魅力的な業界です。

アパレル業界で働きたい方も、興味はあったけどなかなか踏み出せなかった方も、ぜひご自身にマッチした職種でチャレンジしてみましょう。

★関連記事

>>ワンランク上のセンスを手に入れるなら!

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 52,718
新着

1,226

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!