キレイにスルンダ

キレイJOB情報

今や女子のおしゃれはネイルから!?仕事としても人気なネイリストに注目しました!

ファッション感覚でネイルをする女性が増えている今、そのネイルに魅了され、ネイルの仕事をしたいと女性を中心に人気職種となっています。経験を積んで独立する人もいるネイリストの仕事についてご紹介しながら、今ひそかに話題の“メンズネイリスト”についても探っていきたいと思います。

ネイリストとは?

ネイリストとは、爪のお手入れや装飾を施すなど、手や爪をきれいに見せるスペシャリストのことを言い、爪の形を整えたり、爪にアートを施すのが主な仕事です。

ネイリストになるためには?

暖色系のマニキュア

爪の施術には専門技術が必要なため、学校やスクールで技術を習得するのが一般的です。

ネイリストの場合、美容師のように必ず資格が必要というわけではないので、ネイリストになる方法はさまざまあります。

自分のペースで勉強したい方や、費用を抑えたい方は、参考書や必要道具を自分で揃え独学で勉強し習得する方もいます。しかし独学の場合、細かなアドバイスが受けられないデメリットもあるため、しっかりと専門的な知識・技術を身に付けたい方は、学校やスクールで学ぶのが良いでしょう。

ネイリストになるまでの一般的な流れは下記になります。

資格が必須ではないと書きましたが、実際にネイリストとして働く場合、「JNECネイリスト技能検定」や「JNAジェルネイル技能検定」などの資格を持っている方がほとんどです。

資格がないと採用されない場合もありますので、ネイリストを目指すのであれば、取得しておくのがベストです。

資格の取得方法

ネイリストの資格の中でも必ずと言っていいほど、取得したいのが「JNECネイリスト技能検定」です。

ネイルケア・ネイルアートの知識や技術を認定する検定となっており、1級、2級、3級のレベルで分かれています。また3級が最も難易度が低く、義務教育を修了していれば、技術や知識の有無に関わらず誰でも受験することができるため、ネイル勉強をしている方や自信のある方は、受験してみてもよいでしょう。

1級と2級に関しては、受験資格として1級は2級資格保持、2級は3級資格保持が条件となります。そのため、段階的に1つずつ受験し、資格取得していく必要があります。

また、各級のレベルによって必要な能力(問われる能力)は異なります。

  • 【1級】
  • トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識
    【2級】
  • サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技術及び知識
    【3級】
  • ネイリストベーシックのマスター。ネイルケア、ネイルアートに関する基本的な技術及び知識
    出典:公益財団法人 日本ネイリスト検定試験センター

せっかく資格取得を目指すのであれば、1級をとりたいですよね。

しかし、1級と2級の合格率は50%以下と簡単に取得できるとは言えなさそうです。

中でも実技試験が難しいと言われており、筆記試験は参考書などで勉強し対策はできますが、実技試験に関しては講師や経験者などからレクチャーを受けていないと合格は難しいため、日々の練習とレクチャーを受けられる環境が合格の鍵を握ると言えるでしょう。

ネイリスト技能検定試験情報

2017年~2018年のネイリスト技能検定試験の情報をご紹介します。

ネイリスト技能検定試験は春・夏・秋・冬の4回実施されており、各級によって日程が異なります。また1級は年2回となっているため、試験日程はしっかり確認しましょう。

【受験料】

  • 1級:11,000円(税込)
    2級:8,800円(税込)
    3級:6,600円(税込)
    ※同時に2つの級は受験できません。
    ※各級共通で試験当日に実技のモデルが必要です。

より詳細な情報が知りたい方は、下記にてご確認ください。

公益財団法人 日本ネイリスト検定試験センターHP

ネイリストの給料は?

気になるネイリストの給料ですが、結論から言うとあまり高収入とは言えません。

もちろん、大手サロンや個人サロンなどによって変わってきますが、基本的には正社員で15~20万程が妥当と言えます。 しかし、サロンによっては歩合制を設けているところもあるため、お客様から指名されるようになれば高収入も期待できるでしょう。 

1対1の接客だからこそ、頑張り次第で指名がとれる点はやりがいがありますね! 

増えているメンズネイリスト!

最近少しずつ増えているメンズネイリストは、その名のとおり男性のネイリストのことを言います。

「ネイリストは女性の仕事」というイメージが強いですが、近年、男性も美容に気を配りはじめたこともあり、数は多くないですが男性専用のネイルサロンもオープンしています。

メンズネイリストの需要

前述でも述べたとおり、まだまだネイリストの仕事は女性の仕事というイメージが強く、サロンによっては男性不可のケースも多々あります。

その要因として、対面な上に近距離で施術を行うため、抵抗感がある方が多いことが言えます。

しかし、男性ならではのセンスを活かしてほしいというサロンや、美容室内で施術する場合などは技術力の高い男性を採用したいというケースもありますので、これからどんどん需要は増えると言えるでしょう。

最後に

フレンチネイル

ネイリストという仕事は、知識と技術が必要な専門的な職種です。

しかし、専門的な職種だからこそ、経験値を積んでいけば独立し開業することもできる夢のある職業です。

ネイルが好きな方はもちろん、手先が器用だったり何かを作るのが好きな方は、ネイリストに挑戦してみてはいかがでしょうか?

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 53,355
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!