キレイにスルンダ

キレイJOB情報

実は国家資格ではない!?整体・マッサージの資格の種類といろは!

街中でマッサージやカイロプラティック、鍼灸院、整体院など様々な看板を目にする機会も多いと思いますが、では、これらの施術を行う職種にはどういった種類があるのか、業務内容はどんなものなのか、についてご紹介したいと思います。

実は国家資格ではない「整体師」

整体師のイメージ画像

整体師は国家資格によって定められた業務独占資格ではありません。実は、マッサージを業として(個人的にではなく、事業として)行える者は「医師」、「あん摩マッサージ師」のみと定められており、「医業類似行為※1」として行う施術に関しては、業として行う場合、人体に危害を及ぼす恐れがあるときにのみ規制および処罰の対象になるのですが、事例ごとに個別に判断を行うしかなく、整体やカイロプラティックなどマッサージ師と同様の手法で無免許(無資格)のまま医業類似行為を行う場合が後を絶ちません。

もちろん、無資格者があん摩、指圧マッサージに相当する施術を行った場合には「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」(通称「あはき法」)によって罰せられます※2。厚生労働省はマッサージの定義について、「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」としています※3。また、日本においては、民間資格※4も存在します。

出典:
※1「厚生労働省通知-医業類似行為に対する取扱いについて-(厚生労働省HP)」
※2「無資格マッサージ師派遣容疑の業者ら逮捕!(日本手技療法会HP)」
参考:
※3[岡永 覚/『開業者として最低これだけは知っておいていただきたい 開業者の基礎知識』(2006)/科学新聞出版局]
※4ここでいう民間資格とは、民間団体(NPO法人や社団法人)や特定の企業が独自に認定基準を設ける認定資格のことで、社会的信用に足る難易度の高い資格から講習を受ければ取得できる程度のものまで様々です。

専門の養成学校の修了が必要な国家資格「あん摩マッサージ指圧師(マッサージ師)」

あん摩マッサージ指圧師の施術イメージ

一般的にマッサージ師と呼ばれている職業は、正式には「あん摩マッサージ指圧師」という名称です。上記の整体師と異なり国家資格であり、免許の取得に際しては3年生の養成学校を修了し、さらに国家試験に合格する必要があります(「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」によって定められています)。

医学的見地に基づいて施術を行うため、解剖学や生理学の知識が必要とされます。後述の鍼灸師(はり師、きゅう師の2つの資格)の国家資格とあん摩マッサージ師の資格を3つ併せて持つ人のことを通称「鍼灸マッサージ師」といいます。多くの養成学校ではあん摩マッサージ師の国家試験と併せて鍼灸の国家試験の受験資格が与えられます。

(「公社 日本鍼灸マッサージ師会HP」より引用)

  • 日本はもとより世界的にも期待が高まっている東洋療法(はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧)。その東洋療法を行える唯一の国家資格が、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師です。(以下、鍼灸マッサージ師)鍼灸マッサージ師を養成する教育機関には、文部科学大臣の認定した学校または厚生労働大臣の認定した養成施設(大学、短期大学、専門学校、盲学校理療科など)があり、高度な技術・知識を修得するため、修業年限は3年以上とされています。

はり師免許、きゅう師免許の2つの国家資格「鍼灸師(しんきゅうし・はりきゅうし)」

鍼灸院の治療では鍼を刺すだけではなく、電気を使って行うこともある。

鍼灸院、鍼灸治療院などにいる「はり」と「きゅう」を生業として施術を行う専門家です。元来鍼灸は、東洋医学においてその一分野として確立された学問及び施術法のことで、金属製の細長い針を東洋医学で言うところの経穴(けいけつ)に指してツボを刺激する治療法です。

「鍼」とは針(はり)のことで、灸とは艾(もぐさ)を利用したお灸のことです。正確には「はり師」と「きゅう師」の国家資格は別々のものですが、はり師の98%がきゅう師の資格を、きゅう師の97%がはり師の資格を持っており、それぞれ単独の資格しか持っていない人は稀です。

鍼灸の効能はWHO(世界保健機関)にも認められており、リウマチや関節痛、神経痛などの運動器・神経系疾患だけではなく、喘息やアレルギー性鼻炎、皮膚炎なども有効であると同機関のガイドラインにおいて発表されています。※また、最近では美容鍼灸などを謳う鍼灸院も多くなっており、顔面のツボを刺激することによる血行の促進や、ふきでものなど肌トラブルの対策として、中高年が関節痛や肩凝りを改善するための「保険が適用できる治療方法」というイメージを払拭し、女性をターゲットに施術を行ったりもしています。

参考:「Evidence Based Acupuncture | WHO Official position」(外部サイト、英語)

海外では医療資格に相当する「カイロプラクター」

カイロプラクティックの施術イメージ。骨や筋を主体として治療を施す。

カイロプラクターと呼ばれる職種は、「カイロプラクティック」という治療法を行う人のことですが、前述のものよりすこし厄介で、日本においてはかなり幅広い意味を持ちます。というのも、カイロプラクティックはもともと19世紀末(今から100年以上前)にアメリカのD.D.パーマー(ダニエル・デビット・パーマー)が体系化させた治療法であり、背骨などの骨や関節、腱のゆがみによって生じる全身に張り巡らされた神経の圧迫を解消させることによって身体の不調を改善させる治療法です。

欧米を中心として世界各国で有資格者が施術を行っており、WHO(世界保健機関)にも効用が認定されているのですが、実は日本では国家資格など法制化が行われておらず、たとえ海外で資格を取得していたとしても法律上は前述の「整体師」の区分に相当します。

さらに厄介なことに、日本でカイロプラクターとして施術を行っている者の中には、海外の認定資格およびそれに準じる養成施設の課程を修了したカイロプラクターも存在しますが、そういった民間資格を得ないまま業として施術を行うカイロプラクターや、簡易的な講習を受けただけのカイロプラクターも少なからず存在し、トラブルが起きたりしているワケです。

特にカイロプラクティックの施術で特徴的なのが稀に発生する「好転反応」と呼ばれる副作用(adverse reactions)です。マッサージにおける「もみ返し」に近いのですが、施術を受けた直後に痛みが増したり、血行の促進によるかゆみや吹き出物などの症状が出ることがあります。

嘆かわしいことに、たとえ正しく施術を行っていたとしてもこういった副作用が出た場合には、厚生労働省が禁止している「人体に危害を与える行為」の対象となる場合があるため、患者に指圧マッサージと誤認されないよう説明を行う必要があります。

捻挫、打撲から骨折までも取り扱う国家資格「柔道整復師」

柔道整復師の施術イメージ。部活動などで怪我をした際にお世話になった人も多いはずだ。

こちらも前述の「あん摩マッサージ指圧師」と同様に国家資格であり、資格の取得に際しては3年間の間、専門の柔道整復師養成学校に通う必要があります。学校を卒業し、国家資格に合格して初めて柔道整復師になれるわけです。「接骨院」や「整骨院」と呼ばれるところで施術を行っています。柔道整復師を略して「柔整師」と呼ばれる場合もあります。

また、「柔術整復師」や「柔道整体師」などと間違って呼ばれることもあります。では、柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師の違いは何でしょうか。どちらも国家資格によって定められた資格ですが、施術対象は大きく異なります。

柔道整復師は骨折や脱臼、打撲、捻挫といった外傷に対して体組織を固定、整復(矯正)することによって治療を行うものです。原則として、人間の持つ自然治癒力を高めることによって治癒を早めると同時に後遺症が残らない形で正しく治すことを目的とした治療法です。一方、あん摩マッサージ指圧師はあん摩、マッサージ、指圧法の組み合わせによって血行やリンパの流れを改善し、疾病を改善させる治療法です。

参考: 「鍼灸の歴史(公社日本鍼灸師会HP)」

整体師、マッサージ師に求められる資質

整体師、マッサージ師に求められるものは体力だけではない。

整体師、マッサージ師と一口に言っても、様々な種類があることは理解できたと思いますが(本稿では便宜上あえてまとめて整体師、マッサージ師と呼ぶことにします)、では、これらの職種に必要とされる資質にはどのようなものがあるのでしょうか。簡単にですが、ご紹介したいと思います。

①体力

まずは体力です。施術を行うにはある程度の体力が必要とされます。特にあん摩マッサージ指圧師に関して言うと、自分の腕と指を使って施術を行うため、基本的な施術スキル以外にも握力やスタミナが必要とされます。立ち仕事のため、膝や腰に負担もかかります。
かつては男性の比率が若干多いという特徴があったのですが、実は最近では、女性向けの美容マッサージの需要も増えています。

「あん摩マッサージ指圧師・はり師及びきゅう師 免許取得者の進路調査アンケート調査(2016)※」では回答者の性別分布は男性が48.5パーセント、女性が46.7パーセントとなっており、前回の調査より女性比率が上昇しています。もちろん回答者の割合なので、一概に判断することは出来ませんが、施術に際して力が必要な「あん摩マッサージ指圧師」の資格でも男女比率は49.1パーセントと若干多い程度、「はり師」、「きゅう師」では男性と女性がほぼ同割合になっています。また、21歳~24歳までの資格保有者に関してだけ言えば、男女比率が36.3パーセント対62.1パーセントと逆転しています。
出典:※(公社)東洋療法学校協会『第5回「あん摩マッサージ指圧師・はり師及びきゅう師 免許取得者の進路調査アンケート調査報告書」(2016)』

②コミュニケーション能力

これは美容師や理容師にも通じるところがあるのですが、やはり施術中に行う会話によってそのお客さんが継続して来院する固定客になるかどうかの分かれ目になったりもします(もちろん病気や怪我を治すことが出来るのが前提条件ではありますが)。しかもほとんどの場合1対1のコミュニケーションです。知識や経験によって会話術・接客術を向上させることはできますが、持って生まれた素質も大きいため、初対面の人との会話が極度に苦手だと厳しいかも知れません。

とはいえ、得てして職人気質のマッサージ師や鍼灸師は寡黙で会話が苦手だったりしますが・・・。また、医師は、患者さんから症状をヒアリングする際にチクチクやズキズキなどの言葉のニュアンスから病気を推察する能力が必要になるわけですが、それと同様に、施術を行う整体師やマッサージ師も医師と同様のヒアリング能力が必要とされます。体の不調や施術を行っているときの反応や会話から患者の体調や症状を判断しなければなりません。

③他人を健康にすることを「やりがい」として考えられる適性

そして、意外と重要なポイントがこの点です。施術者には体力的な負担を強いられ、一旦民間資格や国家資格を取得したからといって安泰ではありません。己の技術を高めるために常に学び続ける必要があります。また、技術が優れていてもそれが直接利益に繋がるかといえばそうでもないわけです。

独立・開業して自分の店舗を持つようになったとしても、正しいプロモーションを行う判断力やや接客スキル、コスト管理などのマネジメントスキルが要求されるため、向き・不向きも当然あるわけです。その部分を補ってくれるのが他人を健康にするという強い意志です。

まとめ

整体師・マッサージ師に関連する職種についてごくごく簡単に説明してみましたが、いかがだったでしょうか。あん摩マッサージ指圧師やカイロプラクターを目指している方の参考になれば幸いです。これはどんな職業でも言えることですが、プロとして働いていく上では日々自分の施術技術や接客技術を向上させるべく勉強をしていくことが何より重要です。今後、「癒しブーム」として一過性のものに終わらせないためにも適切な施術を行える有資格者になってもらいたいところです。

★関連記事

>>「整体師」のお仕事に興味がある方はこちらから

>>「あん摩マッサージ指圧師」のお仕事に興味がある方はこちらから

>>「鍼灸師」のお仕事に興味がある方はこちらから

>>「カイロプラクター」のお仕事に興味がある方はこちらから

>>「柔道整復師」のお仕事に興味がある方はこちらから

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 48,503
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!