キレイにスルンダ

キレイJOB情報

ヘアメイクアーティストになるために知っておきたい就職分野別資格

ヘアメイクアーティストといえば、芸能人のメイクや髪をセットしたり、結婚式の時に新郎新婦のヘアメイクをする人をイメージするのではないでしょうか?

普段はなかなか目にすることのない職業ですが、あっという間にキレイにしてくれるヘアメイクさんに1度は憧れた方もいると思います。

今回はそんなヘアメイクの知られざる世界についてご紹介していきます。

実は決まった道のりや資格は必要ない!?ヘアメイクアーティスト!

ヘアメイクアーティストの施術

メイクをしたり、髪をセットしたりと高い技術力が必要とされるヘアメイクアーティストですが、意外なことにヘアメイクアーティストは、未経験でもなれる職業なんです。

というのも、ヘアメイクアーティストになるための決まった道のりや、必須資格というのは基本的にはないからなんです。

とはいえ、全くメイクやヘアセットをした事が無い人がなれる程、甘い世界ではありません。当然、ヘアメイクに関する知識や技術は必要ですし、美容の専門学校などを卒業してからなるのが一般的です。

では、いったいどんな道のり経てヘアメイクアーティストになるのか、みていきたいと思います。

まずはヘアメイクの知識や技術を専門学校で身に付ける!

ヘアメイクアーティストになるには、何と言ってもヘアメイクに関する知識と技術を身に付けることが必要です。
独学である程度までは勉強することができますが、専門的な知識や技術をなるべく早く確実に身に付けたいのであれば、「美容やヘアメイクの専門学校に通う」のが最も効率的です。

また近年のヘアメイク業界の動きとして、「ヘアメイクアーティストとして活躍する人は美容師免許保持者にしよう!」という傾向もあるため、これからヘアメイクアーティストを目指す人は美容師免許を取得するのがベストと言えます。

美容師免許の取得は、厚生労働大臣が指定する養成施設で2年から3年以上の課程を修了し、その後国家資格に合格することで取得できます。美容師免許を取得することで、活躍の場を広げることが出来ますので、まずは美容の専門学校を探してみましょう。

>>美容専門学校はこちらをチェック!

他にも「ヘアメイク科」などが設けられているなどのヘアメイクに特化した専門学校の場合は、より実践的な勉強もできるため、即戦力として活躍しやすくなり就職活動時も有利になります。

専門学校によっては、ヘアメイク科に通いながら通信講座で美容師免許が取得できる場合もありますので、なるべく早くヘアメイクアーティストになりたいのであれば、この方法が最も効率良くヘアメイクアーティストになれる道と言えます。

美容師免許と併せて取りたい資格!

先ほど美容師免許は取得した方が良いとお話ししましたが、美容師免許以外にも取っておきたいヘアメイクに関する資格として、下記があります。

<ヘアメイクに活かせる資格>

  • ・JMAメイクアップ技術検定(4級・3級)
    ・アシスタント・ブライダル・コーディネーター(ABC)検定
    ・ネイリスト技能検定試験(3級・2級)
    ・着物着付師(初伝・中伝)
    ・認定フェイシャルエステティシャン
    ・ファッション色彩能力検定
    ・JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定
    ・パーソナルカラー検定

資格を取るメリットとして、まずは幅広い知識と技術が身に付けられることと、就活時に書面で実力を示しやすいというのがあります。

ヘアメイク業界は、「ヘアメイクになりたい気持ちが重要」とされていますが、やはり専門的な知識や技術があるに越したことはありませんので、活躍していきたいのであれば、上記の資格を取得していきましょう。

まずはヘアメイク事務所・サロン・ブライダル業界に所属しよう!

ヘアメイクの道具

知識や技術、美容師免許を取得した後は、ヘアメイク事務所に所属したり、ブライダル業界やサロンに就職する必要があります。TVや雑誌などを担当するヘアメイクアーティストになりたいのであれば、ヘアメイク事務所に所属するのが一番の近道です。

また、ヘアメイク事務所と言っても、ファッション系のヘアメイク事務所や、ドラマ系のヘアメイク事務所など各事務所での特色が違うため、やりたいヘアメイクを明確にしてから事務所を選びましょう。

場合によっては、希望するヘアメイク事務所にヘアメイクアーティストの募集が無い場合もありますが、募集の有無に関わらず履歴書や作品を送ることで、入社のチャンスは高くなりますので、積極的にチャレンジしていくことが大切です。

>>ヘアメイクの求人情報はこちら

一方で、ブライダル業界は定期的に求人が出ていることもあるため、こまめに求人をチェックし、応募していくのが良いでしょう。

ブライダルのヘアメイクアーティストの場合、ヘアメイク以外の、新郎新婦との打ち合わせや事前の写真撮影、リハーサルなどの仕事も行うため、ブライダルヘアメイクアーティストを目指していくのであれば、ブライダルに関する知識を先に身に付けておくと就職時にかなり有利になると言えるでしょう。

>>ブライダル業界の求人はこちら

 アシスタント時代は、一人暮らしは難しい!?

ヘアメイクアーティストの第一歩は、アシスタントとして活動するところから始まります。始めからヘアメイクのお仕事をさせて貰える程、甘くない業界なので、師匠や先輩のアシスタントとして、スケジュール管理から道具の運搬など雑務を中心に行っていくため、ヘアメイクアーティストのお給料は、交通費のみなんてこともざらにあります…。

そのため、アシスタント時代は金銭的に一人暮らしができず、実家から通う人も多くいるのが現状です。アシスタント時代は、師匠や先輩の技術を学ばせてもらっている勉強期間のため、お給料が出ないこともヘアメイク業界では当たり前になっていますが、その苦しい期間を乗り越えると、ようやく雑誌のモデルさんや俳優さんなどを少しずつ担当していくことになります。

技術やセンスが認められれば徐々に収入は増えていきますが、ヘアメイクアーティストとして高収入を得られる人はほんの一握りなので、収入面の覚悟はした方が良いでしょう。

また、ヘアメイクアーティストの一般的な平均年収は、1年目で200万前後、5年目で350万前後、10年目で500万前後と言われていますが、アシスタントの期間や所属事務所によっても変動しますので、あくまで目安にしておくのが良いでしょう。

まとめ

ヘアメイクアーティストの仕事

ヘアメイクアーティストは、拘束時間が長い場合も多い上に、収入面でも大変なことから下積み時代に辞めてしまう人が多い、厳しい業界です。しかし、「絶対にヘアメイクアーティストとして活躍したい!」という強い気持ちがあれば、辛いアシスタント時代も乗り越えられ、活躍の場やチャンスも多い職種と言えます。

ぜひ、かっこいいヘアメイクアーティスト目指してみてはいかがでしょうか?

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人

「キレイにスルンダ」のキャリアアドバイザーが
厳選した注目の求人をご紹介します

関連コンテンツ

〈今日のキレイにスルンダ!〉
求人数 46,503
新着

0

キャリアアドバイザー おすすめ!注目求人厳選した注目の求人をご紹介!
キレイにスルンダのキャリアアドバイザーが行う「美容業界」専門の転職相談はココが違う!